コラボ。

実は

昨年の早い時期に海外の糸メーカーさんから連絡をいただき

挑戦が始まりました。

 

言葉の壁ももちろんですが

この企画を進めていくには、デザインしてれば良いのではなく

自分の苦手な分野も克服していかなければならない内容で。

 

これを超えたら 世界は広がるなーーー!

寝たら忘れる事も忘れて 突き進む。

 

壁をどんどん壊してくれるスペシャリストの友人や

協力してくれた色んな人たちがいないと

なしえないプロジェクト。

人に恵まれています。ありがたい。

 

コラボレーションが実現して

小さい小さいコレクションですが

もうすぐ発売になります。

 

パターンはラベリーから。

続きはまた明日!

 

 

 

 

 

 


 

09:28 | - |
去年からの挑戦は続くよ、どこまでも。

昨年のはじめは

色んな挑戦と勉強!と鼻息粗く誓っておりました。

 

勉強はとりあえず すぐ置いてフタしちゃいましたが

後半は新しく始まるプロジェクトに 

色んな人に助けてもらい巻き込みながら準備してきました。

 

これは…出来ない。

と言ったら そこで終わってしまうので日々挑戦。

むーーーーりーーーー!!!と何度叫んだ事か。

 

それがもうすぐ始まります。

 

 

 

ニットのふだん着の発売も迫っておりますが

(もちろん「ふだん着」にも全身全霊つくしております!)

その前に少し、お付き合いください。

 

 

16:08 | - |
本の表紙。

始まりましたね、三寒四温。

寒いままでいいんだけどなぁ。

 

先日の部活で 表紙を外して

持ちあるく方がいらして思い出した。

 

ニットのふだん着等、全てではないけど

カバーを外すと違う顔が出てきます。

 

 

ブックデザイナーさんの仕業です。

いつも楽しませてもらってる。

 

もうひとつ楽しみなのが

表紙を開いて1枚目。タイトルページの前にある

「見返し」というページがあるのだけど

そこに載せる模様がいつも面白い。

かぎ針編みの編み図の一部をそのまま使ったり

スワッチの模様を格子柄のように使ったり。

 

3月には「ニットのふだん着」シリーズが出ますが

カバーと中の表紙はまた全然違います。

 

 

また1作品ごとにレポやる よよよ予定です。

 

3月なんてあっという間にやってくる。

その他盛沢山の春です。

 

 

 

 

 

09:54 | - |
模様編み集。

もう豆まきも恵方巻きも

気がつけばおわっている…

恐ろしい…

 

おそろしいと言えば、

去年(だと思う)買った英文の

模様編み集があるんだけど、

届いてワクワクしながら中身を見て腰抜かした。

 

表紙と中身が逆じゃないですかっ

 

 

何度も閉じて開いて、閉じて開いて

ん?ん?

今の流行り?とか都合のいい解釈しちゃいながら

本をグルグル回して 我に返る。

 

返品しようかと思ったけど

こんな珍事、そうはないと手元に置いとく事にした。

そして毎回開くたびに驚く。笑

 

色々模様編み集を買ってみたけど

見せ方組み合わせ方が違うだけで

やっぱり、やっぱり

日本ヴォーグ社発行の「模様編み1000」には

かなう物はないなぁ。と思ってる。

 

かぎ針模様集は昭和40年代以前のものがすごいと思うけど

なかなか手に入らない。

きっと昔の人たちはもっと編み物人口がいて

持っていたと思うんだけど

編み物をしない遺族が1番先に処分する代物なんだろうな。

 

勝手に妄想して悔しがる。

 

 

「模様編み1000」は1992年発行。

今でも売られてるかな?

当時も5000円くらいで 異例の高額だったけど

家宝にしようと躊躇なく買った記憶が。

 

内容見たら全然高額じゃないけどね。

編み物作家さんに おすすめです。

 

Amazonにあった。

 

 

 

09:37 | - |
ありがとう2016。

今年ももうすぐ終わるけど、

来年の年末もすぐくるんだろうなぁ。

 

昨日は今年最後の部活。

笑って笑って1年の締めくくりでした。

今年中に終わらせたい仕事は先程終わり、

ふぬけです。

 

掃除とか力入りませんけど。

夢の断捨離を決断するも すぐお茶でまったりしちゃうし。

だめだこりゃ。

 

Twitterのアイコン、変更しました。

変更すると 誰?ってなるよね。

 

 

来年以降は一身上の都合により

見えない所で激変していく予定。

部活も少し変わりますが続けていきますー。

 

希望は激痩せ…(そこじゃない)

 

 

今年も沢山の人と会えました。

ありがとうございました!!

また来年!!(3日後ですけど)

 

 

さて断捨離…。

 

 

 

 

 

 

08:37 | - |
地味にスゴイ。

てドラマが始まったらしいですね。

今はほとんどドラマを見ないのだけど

うちの高校生が 「意外と面白い」と言うので

ちょっと覗いたら

は!?校閲さんの話?

校閲さん?

ホント?

何度もツッコミましたよ。

 

なんて所にクローズアップ…

たしかに地味にスゴイ職業!!

 

 

私は編み物の本しか知りませんが

編み物書の校閲業って 本当に神の集中&注意力。

(もちろん他の専門書の校閲さんも神なのだと思うけど)

 

私の書いたテキストを元に

トレースさん達に作ってもらう製図や編み図。

それを間違いないか校閲さん含め数人で校正する。

まちがい探し作業ですね。

ただ違う所を見つける以上に 

見えない部分に疑問を持って校正してくる。

毎回毎回、スゴイと感心してます。

 

 

ちょっと何度も訂正報告しといて

あれなんですが。

またそれは別の問題で。

(いつもご報告いただく間違いなどは

ほぼ校正の段階で赤がついているのですが

最終の直しモレで印刷されてしまう)

本人は直ってるもんだと思っているので

ご報告いただくたびに申し訳ない気持ちでいっぱいですが

教えてもらうのは とても助かります。

 

誰がどうとかではなく 問題は時間のなさ。だと思う。

…改善していきたいと思います。

 

 

間違い探しも得意不得意ありますね。

私は変な所ばかり探せます。←

 

 

 

 

 

 

12:31 | - |
秋冬の撮影

先日、無事に秋冬の撮影をしてきました。

8月末発売予定です。

 

今回はモデルが4人。全員ガイジンさん。

大人数です。

日本語と英語が飛び交う現場は 私は初めてで。

聞き取れるか耳をダンボにしてたけど

流暢な日本語を話してくれるモデルさんふたり。笑

 

スタッフはほぼ英語が話せるので

なんか、すいません。みたいにウロウロ。

 

 

色々テスト中。

このあともっさりどっさりぬくぬくと着込むのです。

 

もうきっと15頭身くらいなのじゃないか?と思ったけど

今までの日本人モデルとなんらかわりなく。

作品を着たモデルさんたちの

衿や肩線をただしたりした時に そう感じた。

 

どうしても暑くて顔が赤くなってしまって涼んでもらったり

色々がんばってもらいました。

 

 

ふだん着だけどふだん着じゃない本です。

もう1番先に何編むか決めている。

2番目も… 3番目も…

あぁもう

秋が10ヶ月くらいあればいいのに。

 

 

まだまだ本ができ上がるまでの作業が

ギリギリギリギリまで盛沢山。

無事に発行できますように!!!

 

 

07:54 | - |
しばらくの部活予定。とか色々。
6月になったのは認めていませんよ。

最近驚いたのは
うちの近所にホテル建設がつい最近始まったのに
もうすぐオープンになっていた。
私は世間と同じ時空にいるのか不安になりました。

7月の部活も募集しなくては。
今日、夜21時頃に募集開始いたします。



今年は今まで以上に新しい事に挑戦しているので
時間が思った以上に足りなくなっていて
去年まで部活で色んな所に行けたけど今年は無理そうです。
唯一、9月に札幌部活の予定でいます。

各地で編み人の方々との交流は
自分自身の糧となり楽しみにしているので寂しいデス。
部活、しばらくは都内のみ&回数減になると思いますが
よろしくお願いします。




PC作業のお供
画面ほこり消し と ツボキューブ。



そして
待ちに待ったブログが最近始まった。
知る人ぞ知る鳥古繰子さん
http://www.kogei-seika.jp/blog/tricoquelicot/001.html

友人であり、いちファンとして紹介させてください。
知る人は 彼女の凄さはわかっているでしょうが
私はもっと単純に

えこひいきなんかしない、遠慮なんかしない
まっすぐでわかりやすい内容と
圧倒的に引き込まれる文章が大好きなので
是非おすすめしたい。
まだまだはじまりだけど これからが楽しみすぎる。

糸販売もされているようですが
もう売り切れかなー。




そんなわけで
今日もかろうじて元気です。
 
10:33 | - |
収穫。
中高校生くらいの時だったと思うんだけど、
池袋にあるサンシャインに 
いつものようにプラプラ寄り道して帰ろうと思ったとき

店の壁も服も全て真っ白な(そんな記憶)Shopがあって
他とは明らかに違う異様さに
フラフラ吸い込まれるように入ったのが
「一つ目小僧」

ここで見たセーターのデザインが衝撃的すぎて
カルチャーショックの意味を初めて知った。
派手ではないよ、全部真っ白だから。
素材や模様や形が 
その時流行っているものとは次元が違う気がした。 
頭も真っ白になって家に帰った記憶があります。


はい、前置き長くてすいません。
下田直子さんのハンドクラフト展見てきたー。

「見ると影響されるから」と他の方の手芸本は見ないけど
影響しようがない下田ワールド満喫!
10時オープンで突入してガガーッと見て終わろうと
同じ考えの方が たっくさんいましたよ、えぇ。
凄い人混み。



あぁぁぁぁうぅぅぅぅ
うめき声あげながら拝見した感想です。

「なぜ世界中の美術館とかで開催しないのか」

してるのかな。無知なのでどこかで開催してたら嬉しいけど。
手芸をやる世界中の人が涙流して絶賛するでしょ。
日本だけなんてもったいない。


途中にあるメッセージボードに書いてあった、
「現在、文化で使われている手芸の教科書」が非常に気になって
気になって気になってたら 
ちゃんと揃えてありますよ、物販に。
中をパラパラ見たら あああ。即買い。
面白い。
私の手先は刺繍向きじゃないけど、
猛烈にやりたいラティススモッキング。





懐かしさと思い出と感動で
楽しかったです。




 
21:19 | - |
今日も元気にほどく。
極寒の2月のはずなのに。
今日は21度、明日は23度だって。

そんな浮かれた気温を横目に
ほどいては編み、ほどいては編んでいたプルが
計算上のからくりにまどわされ
あみ進んで大事な所で 目が合わない事が判明した。

なんでだ…呪われているプルなのか?
(自分の計算が甘いだけ)
ほどかないとどうにもならない。
この数日間を返しておくれ…

Before


After

もうほぼ最初から。

くやしいから この分は今日中に編んでやるー
ううう


こういう時に
横文字のyarn shop巡ったりすると
ポチポチとカートに大量になるよね。
なるよね。

円高とかの追い風やめてください。
 
13:12 | - |