いよいよ今週末発売となりました、

「育てるニット」

フライング気味で

少しずつ 作品の紹介を。

 

 

この本のコンセプトは

編みかけ万歳

小物を大物まで進化させる。

編んで、足して、新しい服になる!

です。

 

 

まずはAブロック

ポンチョ

ボレロ

プルオーバー

 

SIZE:S-M、L-XL

 

使用糸:DARUMA

手つむぎ風タム糸

 

ふわふわの糸で

少し深めの丈でポンチョ。

肌寒い時とか、コートの上にも重宝します。

 

ゴリゴリの模様編みですが

糸も太く、1模様が覚えやすいので

思ってるよりも進みます。

 

 

 

ポンチョもう1枚編んではぎ合わせるボレロ。

綺麗な黄色で 柄が映える映える。

 

これ、ボレロにしてますが

前もはぎ合わせてプルでもいいなぁ。と企んでます。

 

 

 

身頃を編んで

ボレロの間に割りこみました。

 

たぷんたぷんとした袖が可愛い。

 

 

今回の本は

ちょこちょこと

編み方のプロセス写真が多めなんです。

 

このポケットも編み始めのところ、

載ってます。

 

 

 

つづく。

 

 

 

もうすこしで東京も梅雨ですね。

ウールを編むにはキツイこの頃、

いかがお過ごしでしょうか。

私は眠いです。

 

 

以前少しふれたのだけど

「編んで楽しい、毎日着たい ニットのふだん着」が

英文翻訳されてもうすぐ発売になります。

 

ややややややっとです。

と思うのですが、

翻訳作業が尋常じゃなく大変だったと思います。

ありがたいです。

 

 

英文タイトルは「Japanese Knitting」

 

ずいぶん大きく くくったなーー!と恐縮に思いましたけども

そこらへんはスルーしてくださいませ。

 

掲載点数は同じです。

たぶん英文の本では珍しい棒もカギも載ってる本になります。

 

英文仕様として違うところは S〜XLサイズ掲載となっています。

編み図主流の日本の本内容に寄り添いつつ文章説明も増えています。

 

 

まだ見本誌が手元にないので

こうなってるよ!と見せられずジレンマですが

あまぞーんでは中身見れるね。

 

ちなみにアメリカのamazon

 

 

発売後しばらくしたら、ラベリーにて

みなさんのご協力のもと

KALできたらいいなぁと思います。

この本に興味を持ってくれて

編んでくれる海外の方がいれば!よいのですけどね

いるのかなーーーー。

一人でも多くのニッターの目に留まりますように!!!

 

もちろん、この本(日本語)お持ちで参加できるかも〜という方は

smitten-michiyoでチェックしてみてください。

 

私も仕上がらないくせに

参加だけはしたい願望で参ります。

どの糸であもーーーーー!!!

(まだ決まってもいないのに すぐ現実逃避)

 

------------

KAL(KCAL)決定してます!

期間は6月4日〜7月末まで。

梅雨突入しそうですが

ムシムシのうえにヌクヌクのウールで

モアモアしましょう^^

夏糸でもいいですね。

 

あぁ早くスワッチ編みたい。

 

 

KALとは?

 

 

 

11月ですか。

なんですか、11月って。

 

涼しい夏から急に冬になるから

衣替えが追いつかず「1年中のクローゼット」になりましたが

年末の掃除という未来の自分に託しております。

なんか向こうにニットらしきものが見えて

手を伸ばして引っ張り出すと

ここにあったのかー!って服がでてきますよね。

 

はい、今着るしかないかぎ針ポンチョ。

を着て先日出かけました。

 

強風の日だったけど、かぎ針の編み地の隙間から

うまい具合に抜けてくれるので 

ぐしゃぐしゃにならず案外良かった。

派手に遊ばれてたのは私の髪の毛だけでした。

なのでカットします、首から上。

 

 

これは「編んで楽しい、毎日着たいニットのふだん着」掲載です。

 

そういえばこの本は英文に翻訳されて発売されます。

全然イメージが違うけど!!

 

 

 

Japanese Knitting。ふだんのふの字もなく

大それたタイトルに恐縮してしまうし

ツッコミどころが満載ですが

それは置いといて。

 

 

 

もうそろそろ発売かな〜なんてのぞいたら

2018年5月って見えました。

????

一瞬止まる。

 

来年かーい。

 

 

あー、やっぱり黄色がよかったなポンチョ。

 

 

 

 

 

 

 

 

*新刊

「やさしく編んできれいに見えるニットのふだん着」の

作品紹介です。

 

ショール

 

幾何学模様的な線を かぎ針で作ってみました。

 

 

 

花のようにも見えるし、なんだかだまし絵のような感じ。

 

 

出来上がって、スチームで仕上げてたたんでしまうと

少しデコボコした編み地がフラットになります。

 

デコボコキープさせたい場合は

スチームする時、編み目が広がってる所に

ティッシュなど丸めて下に入れて膨らませたり、

指でつまんで引っぱり出した状態で軽くスチーム。

ふわっとロールケーキのように

クルクル丸めて保管が良いと思います。

 

 

 

 

*新刊

「やさしく編めてきれいに見えるニットのふだん着」の

作品紹介です。

 

七宝編みバッグ

 

大人配色の夏バッグ

 

日光の下でしか編めない黒。

亜麻糸リネンの張りと質感で乗り切れます。←

 

 

七宝編みも 通常の編み方と少し変えているので

プロセス参照してください。

 

 

持ち手は市販のものでも良いと思いますが

柔らかな三角形をどーんと付けたくて 編みました。

 

裏側の付け方。解説にある

「裏側で巻きかがりにする」はこんな感じ。

凹凸のある編み地の凸のほうの2本すくってかがります。

 

 

ベーシックな色で作って

派手な内袋をつけても いいなぁ〜

(↑ミシン無理なくせに)

 

 

 

 

 

 

*新刊

「やさしく編めてきれいに見えるニットのふだん着」の

作品紹介です。

 

スカラッププルオーバー

掲載サイズ:ワンサイズ

 

たっぷり目のサイズで

THEスカラップです。

 

スカラップを生かして衿くりも波うってます。

 

編み地のポイントは

長々編みは思いきりいきましょう。

 

 

横で見ると 裾のたっぷり感はわかりますね。

 

てことは、

根性の作り目ですーーー!

 

鎖は2〜3目多めに編んでおくと安心。

残った目はあとからほどけば良いのです。

 

 

 

 

*新刊

「やさしく編めてきれいに見えるニットのふだん着」の

作品紹介です。

 

2wayリボンカーディガン

掲載サイズ:ワンサイズ

 

表目と裏目だけのカンタン地模様。

 

サイズ調節も

形が簡単なので 計算しやすいです。

1模様単位で増やしたり減らしたり。

 

前後2wayに着られます。

 

最初、リボンは同じ糸で編んだのだけど、

長く大きめにしたかったので 重くならないように

市販のグログランリボンにしました。

 

色もパキッと黒など、身頃と違う色のほうが良いですね。

 

 

リボンの付け方。

本に書いてありますが 実際の裏側。

「リボンどめ」でリボンを挟み、キワを縫い付けます。

 

 

編み地が表裏目均等の模様なので丸まったりせず

扱いやすいです。

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Profile

Andemee

ravelry

twitter

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM