<< PREV TOP NEXT >>
偶然の偶然。

昨日は動悸が止まらぬ激動の1日でした。

見た目誰にもわからず一人黙々と

緊張とパニックで動悸息切れしてただけなんですけど。

 

 

The Fibre Co.のニュースレターだよ。と

今朝翻訳付で連絡もらいました。

 

 

 

A New Collaboration

One of my favourite moments in the design process is when the first sample arrives. This is just the beginning of a long process to get things ready for you, our audience. However, standing in the office, samples laid out on my work desk, I start to feel the tingle of anticipation. Today's collection was something I've been looking forward to releasing for some time. 

It all began nearly a year ago, when I received a note from my nephew asking if I had ever seen the work of Japanese knitwear designer michiyo.  Serendipitously, I had just recently come across one of her cardigan designs and I remember being disappointed that the pattern was not available in English. I saw this as a sign and reached out to michiyo about collaborating on a new collection.  

Now, many months later, I'm delighted to introduce to you michiyo's beautiful work. 

Warmly,

Daphne Marinopoulos

Daphne Marinopoulos, The Fibre Co.

The Hikari Collection

 

 

========

デザインのプロセスの中で、私の一番好きな瞬間は、

最初のサンプルが届いたときです。

それは、皆様のもとに、物事を準備して届けるための、

長い長い過程の始まりです。

でもオフィスに立って、仕事机の上にサンプルを広げるそのときに、

ぞくぞくするような期待を感じはじめるのです。

今日お届けするコレクションは、私がいつの日かリリースできることを、

本当に楽しみにしてきたものです。

 

すべては、いまからほぼ1年前に始まりました。

日本のニットデザイナーmichiyoの仕事を一度でも見たことがあるか、

というメモを、甥から受け取りました。

それで偶然、そのちょっと前に彼女のカーディガンのデザインを目にして、

そのパターンに英語のものがないことに

がっかりしたところだったことを、思い出しました。

それでこれは何かのサインだ、と思いました。

そして、新しいコレクションデザインのコラボレーションについて、

michiyoに打診してみたのです。

 

そこから何カ月もの時が経ち、いま、

皆様にmichiyoの美しい仕事をご紹介できることを、

とてもうれしく思います。

 

Daphne Marinopoulos

=========

 

 

 

 

…号泣中。

まず姪っこさんを ギュッとしたい。

ギュッーーーっと。

 

あ。甥っ子さんだった。

じゃ、握手で思いきり上下にブンブンだ。

 

 

 

 

 

 

09:43 | - |
スポンサーサイト
09:43 | - |