<< PREV TOP NEXT >>
N.リブ模様のベスト

*「S M L XL KNIT」の発刊に合わせて

少しずつ解説&ポイントなどお知らせしています。

 

 

裾がカーブしていて

更にスリットがあるので着やすいベスト。

 

 

 

裾のカーブはラップ&ターンです。模様で隠れるので

今回も段消しはしていません。

 

アランプル同様、

気になる場合はもちろん「段消し」をしてください。

ラップ糸を引上げてラップされてた目を表側にして

2目1度の要領で、指定の模様を編みます(表とか裏とか)。

 

そしてもうひとつ。

裏側でのねじり目はどっち方向問題。

表から見て「裏目左上ねじり」は

裏側では「左上ねじり」の表編みです。

「裏目右上ねじり」は裏側では「右上ねじり」の表編みです。

混乱しますが、

ねじり方向は同じで裏表を逆に編めば良いです。

 

 

脇のスリットは 指定はしていますが好きな長さにして

すくいとじしてください。

 

どんどん自分仕様にするのが手づくりの醍醐味。

 

 

今回、もっちりとした糸 エクシードウールLで編みましたが

もう少しテロンとした糸やさらっとした夏糸で編んでも

良いと思いました。

 

交差は入っていません。

2目1度とかけ目の模様です。

かけ目が入ると

自分が今どこを編んでいるか迷子になる時があります。

かけ目の下の目がズレている感覚になりますが

(かけ目がいっぱい入ってる編み図は特に)

編み図は「今編んでる段だけをガン見する」に限ります。

 

下の段とかけ目の位置は合っていないのです。

編みもの七不思議。

 

 

 

ひとつ年を取るたびに

不思議が七つだけじゃ足りなくなるけどねーー!

 

 

 

 

 

 

 

 

10:35 | - |
スポンサーサイト
10:35 | - |