<< PREV TOP NEXT >>
プロセス2
 昨日もプロセス撮影でした。
今回のプロセス担当の方が これまたゴーカで
ヴォーグの講師もなさってる方でした。

プロセス担当の方は いつも OH~!と言ってしまうほど
手編みの素敵knitを着てらっしゃる。

それはさておき。

『ベテラン講師』の肩書きを持つ担当の方に
うっ…!と後ずさりする自分

だって、緊張するでしょ!

余計にもたつく私の手元。
いつ、「そんなんでニット作家 名乗っていいの!?」
と、どやされるかと 内心ハラハラ。

いや、とてもやさしくて的確に仕事を進めてくれる
頼れる先生なんですけどね。

先生!私の事は先生と呼ばないで下さい!何か違いますぅ〜

やっぱり緊張しますです。はい。


で。
色々自分の中で疑問だった部分が
スッキリ解決できた日でもあった。

せっかくのベテラン講師大先生なんだからと
恥ずかしげもなく色々聞いてしまった。
編み物Q&A〜!

教科書には載ってない細かい部分。
今まで試行錯誤しながら自分で見つけてきた方法。
正解がないから余計聞けない部分。

ん〜例えば。
袖付け引抜きはぎのスタート地点と終り方。
1目ゴム編みのすくいとじスタートの仕方。
模様によっての糸始末。
初心者向けからプロ使用まで 色んな方法がある。

他諸々 聞いた結果。
大先生の考えとほぼ同じだったことが判明したのだ。

正解がないとはいえ、間違ってなかった事に 一安心。
その人によってやり方が全然違う部分だから、良かった聞けて。

あ〜ホント、スッキリした


で、で、で。
今回のはKIDSの本です。園児サイズです。
著作本です。
恐ろしいです。
今年がピークと読んでいる(笑)


ちょっと色々 この先のこと考えようかと思っています。
ない頭で…。
12:37 | comments(0) |
スポンサーサイト
12:37 | - |
COMMENT
name:
email:
comments: