F.ガンジー模様レギンス

肌触りがよくむっちりとした

エクシードウールFLでレギンス。

 

 

カジュアルなワンピースやショートパンツから覗かせたい。

 

本にも書きましたが

もうすこーし太い糸で編んでややフィットする

スウェットにしても可愛い。

(えぇ、足の太い私用にすぐアレンジを考えます)

 

 

ネイビーとか濃い色で

わかる人にはわかる的に模様が入ってるのも

いいなぁ。

 

 

足口からグルグル輪で表を見て編むので

模様の位置がずれたりしないように

確認できます。

 

製図が平面で表すのでパンツは???となる事が

ありますね。

 

増目の位置は編始めの2目めと編終りの最終目です。

足部分、同じものを2本編んだら、

編始め位置を内股同士で合わせて股上を編んでいきます。

 

 

最後にウエストゴムを挟みながら

巻きかがっていくのですが、

キツくならないように気をつけます。

 

1番伸縮するのは「メリヤスはぎ」なので、

ここで解説します。

 

ウエストとの境目に裏の段を1段編むようになってますね。

(巻きかがり等しやすいようにです)

裏返すとその上下に横に渡る目がわかりやすく出ています。

そこにメリヤスはぎを赤い線のように刺していきます。

 

 

ウエストゴムの長さは指定はしていますが

ご自身できつめ、ゆるめのお好みでカットしてください。

 

 

 

ツイードで編んでも

いいよねぇ…

妄想ならもう3本くらい出来上がってるんだよなぁ。

 

 

 

 

 

19:44 | - |
P.ミニハニカムのプルオーバー

*「S M L XL KNIT」の発刊に合わせて

少しずつ解説&ポイントなどお知らせしています。

 

 

大人な雰囲気になった

肩落ちプルオーバー。

編み方が特徴あります。

 

 

肉厚になる編み地ではあるけど

前後差もあり、肩落ちなデザインと

袖がスッキリとしているので

太って見えないのです。

 

この引き上げ風の模様は

「3歩進んで2歩下がる」技法なので

2段で1段に見える模様です。

恐ろしいですね。

 

なんて説明すればいいのか。

全力で走ってるのに

三輪車こいでる子供に抜かれる感じです。

いや、

言いたい事があるのに

大事な言葉だけが言えない感じかな。

 

どっちにしても

編んでて楽しい模様です♪ ←

 

ポイントはキツく編まないように。

手がキツい方は指定号数より1〜2号大きくして

調節してください。

目がしっかり詰まってしまうとすごく重くなります。

「ゆったりとかけ目をする」気持ちで

編んでみてください。

 

後ろ。

後ろがまた可愛い…。

 

 

 

*******

この編み地を使ったワークショップを11月頃、

神奈川方面でやります〜

やや行きづらい所〜笑

 

すっごい楽しそうなイベントです。

詳細が決まり次第 

お知らせします。

 

 

 

 

 

08:03 | - |
O.Vネックカーディガン

*「S M L XL KNIT」の発刊に合わせて

少しずつ解説&ポイントなどお知らせしています。

 

 

シンプルなカーディガン。

コットンやリネンでも良さげの

1年中使えたらいいなぁと思って

考えました。

 

 

 

 

後ろ衿から編むトップダウン。

とじはぎなしは

編み上がりと同時に出来た!と言えるのが嬉しい。

 

 

無駄のない

スッキリなデザインです。

 

撮影中、モデル着用で撮ろうと思ってたのに

い、いつの間に終わってたんだろうorz

近くにいたはずなのに記憶にない…

 

ウロウロしてたからか。

あーもう素敵だったのにー。

 

 

 

これはアメリーですが

最初はソノモノツィードで考えてました。

(ゲージがほぼ同じように出ます)

 

 

ツイード好きにはたまりません。

ケーブルもちょっと変わってるよ。

 

 

ボタンを選ぶのも色々悩んでしまいますが

どんなに悩んでも結局

最初の これか!?と思ったものに決まっています。

それでも悩む時は悩みますね〜

そんな時は1〜2日寝かして考えます。

 

そのまま忘れないように…。

 

 

 

真っ赤もいいなぁ〜いいなぁ〜

妄想しつつ

時間だけが過ぎる。

 

 

 

 

19:44 | - |
N.リブ模様のベスト

*「S M L XL KNIT」の発刊に合わせて

少しずつ解説&ポイントなどお知らせしています。

 

 

裾がカーブしていて

更にスリットがあるので着やすいベスト。

 

 

 

裾のカーブはラップ&ターンです。模様で隠れるので

今回も段消しはしていません。

 

アランプル同様、

気になる場合はもちろん「段消し」をしてください。

ラップ糸を引上げてラップされてた目を表側にして

2目1度の要領で、指定の模様を編みます(表とか裏とか)。

 

そしてもうひとつ。

裏側でのねじり目はどっち方向問題。

表から見て「裏目左上ねじり」は

裏側では「左上ねじり」の表編みです。

「裏目右上ねじり」は裏側では「右上ねじり」の表編みです。

混乱しますが、

ねじり方向は同じで裏表を逆に編めば良いです。

 

 

脇のスリットは 指定はしていますが好きな長さにして

すくいとじしてください。

 

どんどん自分仕様にするのが手づくりの醍醐味。

 

 

今回、もっちりとした糸 エクシードウールLで編みましたが

もう少しテロンとした糸やさらっとした夏糸で編んでも

良いと思いました。

 

交差は入っていません。

2目1度とかけ目の模様です。

かけ目が入ると

自分が今どこを編んでいるか迷子になる時があります。

かけ目の下の目がズレている感覚になりますが

(かけ目がいっぱい入ってる編み図は特に)

編み図は「今編んでる段だけをガン見する」に限ります。

 

下の段とかけ目の位置は合っていないのです。

編みもの七不思議。

 

 

 

ひとつ年を取るたびに

不思議が七つだけじゃ足りなくなるけどねーー!

 

 

 

 

 

 

 

 

10:35 | - |
M.2wayプルオーバー

*「S M L XL KNIT」の発刊に合わせて

少しずつ解説&ポイントなどお知らせしています。

 

 

ひじパッチ風に

地模様を入れたプルオーバー

 

 

開いているほうを 前後どちらでも。

 

裾から編みあがるノーマルな形です。

とはいっても昨今、何がノーマルかわかりませんが^^

 

このデザインのポイントは肩!

わかりづらい〜〜〜

 

市販の工業生産のニットや機械編みで よく見られる減目ですが

袖と肩の境目の減目が最高です。

(AHとかの減目フェチなのです)

 

機械編みだと2目重ねて減目していくから 

もっと目が可愛いんだけど

それを手編みでやろうとすると面倒なのでやりません。

いまのところは。

 

肩の減目の段数と 合わせる袖側の段数が違います。

こういう段数が違うもの同士のすくいとじは

1段ずつすくいながら 時々段数の多いほうを2段(本)すくって

調節していきます。

 

すくいとじ、最後がピッタリ合うと

達成感倍増ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

18:44 | - |
L.フェアアイルスカート

*「S M L XL KNIT」の発刊に合わせて

少しずつ解説&ポイントなどお知らせしています。

 

定番の編込みをスカートに。

実はベストより先に

フェアアイル模様をボトムにしたいと

思いついてました。

 

 

1模様を小さくして

サイズの調節を簡単にしています。

スカートも編込む段は16段だけです。

 

 

ベストと違い、輪で編むので

ずっと表を見ながら編めるし、

編み下がりなので 好きな長さでやめられます。

 

 

 

目をひくボトム。

大人っぽくも着られます。

 

とにかくぽっちゃりさんが可愛いくてかっこよかった!!

 

 

マキシスカートにしたいと

目論んでいます…。

言うだけ言っとこ。

 

 

 

09:10 | - |
K.フェアアイルベスト

*「S M L XL KNIT」発刊に合わせて

少しずつ作品の紹介などしています。

 

 

 

定番のフェアアイルベスト。

裾から往復編みで編んでいきます。

 

 

往復編みの編込みは うぅぅぅうううって

なりますよね?!(強引)

私は得意なほうではありません。

編込みが続いて編込みの無い至福の段が

すぐ終わってしまう…と感じるほうです。

 

そこで

「編込みの段は最低限にする」と

訳のわからないルールを作り、

編込みする段は裾から肩までのなかで

16段に押さえました。

16段頑張れば、出来ます!←

 

フェアアイルで往復の編込み模様は

必ず右側で糸を替えるわけではないので

玉付棒針ではなく、

左右どちらからも編めるように

輪針か玉なしの針で編みます。

 

模様編み図に編み方向は書いています。

1番糸を切る回数が少なく編める方向にしています。

 

でも、ご自身の編みやすさが1番なので

ここで糸を切ってでも、こっちから編みたい!

と思う通りに編んだほうが、ストレスはありませんので

本通りではなくても全然いいのです。

 

 

上下でワンピースのように。

 

色ですね、悩むのは。

海外の雑誌とかで

田舎町のおじいちゃんが着こなしてる

フェアアイルの色が絶妙で大好きです。

 

あまり冒険している配色にはしなかったけど

でも主役になるウエアですよね。

 

 

…。

コーディネート考えてたら

すぐ欲しくなってきた。

だ、誰か…←

 

 

 

 

 

 

18:39 | - |
J.交差衿のプルオーバー

*「S M L XL KNIT」の発刊に合わせて

少しずつ解説&ポイントなどお知らせしています。

 

 

ペプラムプルオーバーと同じ糸だけど

ゲージをゆるくして、トロンとした編み地に

しています。

 

 

身幅をゆったりと、袖を細めにして

華奢なイメージに。

 

 

衿をガツンと交差しています。

交差して減目していきますが

それでもどうしても交差したところが目が大きくなり

穴が空いてしまう事があります。

その場合は

‖腓くなった目は左右に糸を引いて、

周りの目にならして目を小さくする方法。

∧婿紊妊瓮螢筌校表の要領で

穴が空いた目を中心にして3〜4目刺します。

 

こんな原始的な直しが1番有効でございます。

 

 

ちなみに最初に編んだ小さいスワッチ

衿回りはいくらでも内側に入ってしまうんじゃないか??

と思いこみ、1目ゴム編みにしてみましたが 気にくわず。

1目ゴム数目はやめました。

 

 

画像は光沢さが映らないんだけど、

実際見ると 意外と光ってる!糸は!

起毛がまとっているので光沢は押さえられてるんだけど

軽くて編みやすい糸でした。

 

…そろそろ総ラメデビューも近いのか?

 

 

 

 

 

 

 

09:42 | - |
I.ペプラムプルオーバー

テロンとしたフワフワの糸ですが

針号数を小さくして密度をあげているので

綺麗なペプラムが出来ています。

 

 

裾からものすごい作り目数で進めていきます。ふふふ。

でも凄い勢いで減目していくので頑張れるハズ!←

 

 

作る時の注意点は

ギュッとウエスト辺りで絞られているのですが

この位置がウエストより下だと

胴長に見えるので、

身頃上部がゲージが緩むなどして

長くならないように気をつけましょう。

 

 

交差模様の所は緩まないようにしっかり編みます。

 

 

最初のスワッチ出しの時、

ペプラム部分を素材違いにしてみたのですが

重苦しいのでやめました。

 

 

ふんわり軽い糸が良いですね。

 

 

交差が緩む方は この部分だけ

さらに1〜2号小さい号数で

編んでみるといいと思います。

 

 

使用糸はハマナカ新商品 エマです。

画像で見るより光沢があります。

色は↓

ハマナカ商店

 

 

裾から輪で編みますが

身頃と袖を別々に編んで

すくいとじするのが逆に新鮮でした。

 

 

 

 

 

 

18:13 | - |
H.ポケット付ニットコート

ずっと欲しかったシンプルでメンズライクな

ニットコートです。

 

 

シンプルながら、実は

この本で1番難しいです。

難しいけど編んでて楽しかった。

Mの人向き。(サイズじゃないよ)

 

糸はソノモノリリー。

軽い糸だから600〜700gで出来るのです。

 

後ろ衿中心から輪の作り目で

往復に編み下がっていきます。

 

前身頃、袖、後身頃。

一気に同じように編んでいければ良かったのだけど

増し方も段もパーツごとバラバラなのです。

じゃないと このシルエットにはなりません。

 

編みながら、編み図書きながら、

「ごめんね〜ごめんね〜」と謝りながら作ってました。

 

 

もちろん、付録のでデカ紙にラグランまで記載されています。

ラップ&ターンに似た事しますがラップではないので

気をつけてください。

後身頃の段数が少ない為に そんな事が起こっています。

 

 

色んな所にトラップをまき散らしていますが

ヨークが終わればこっちのもんです。

 

ポケット口の模様も身頃と一緒に編んでいきますよ。

 

内側ポケット分をあとで編んで付けますが四角なので

布で作ってまつり付けてもよいですね。

 

 

長さはご自身の好きな長さまで編んでください。

トップダウンなので 着ながら決められるのが

最高です。

 

 

ベースが1目2段のかのこ。

ラグランでの増目に翻弄されますが

かのこを嫌いにならないでください〜(古っ)

けなげに編み地を丸めない、いい子なんです〜

 

そんなめんどくさい感じで

よろしくお願いします。

 

 

09:56 | - |