立体模様のプロセス
「色も丈も選んで楽しい ニットのふだん着」
P.11と32の
立体模様のプルとチュニック。
別名エリンギ。笑

難しい というより
目数の多さと 2段で1段のような感覚なので
進みが遅く感じる修行系の模様です。

自撮りというアナログですが
ほんの少し解説致します。

衿回りが終り
最終段で身頃を輪にしたところ。


P.45の編み図で説明します。

1段目は配色で(色が塗られてるほう)編みます。
引き抜いて休み目にしておく。


ベースの色を手前から糸をつけて3目立ち上がり
編み図通り編んでいきますが(ベースは色の塗られてないほう)
この2段目から編み図では太字と普通にわけて書かれています。

太字のは手前側で目を拾い、普通のは向こう側から目を拾う。
前段の目はくるまず編んでいきます。

白の目が IとTになっているか
時々チェックしてください。
1段が長いから間違ってたときのショックたるや。
ですよね。

最後引き抜くときは
次の白が手前から3目立ち上がるので
白の休み目を手前にしてから引き抜いて終わって下さい。

これでベース糸は休み目にして
白の休み目から3段目スタートします。


3段目の白は1目に2目編み入れて増しています。
最初 立ち上がって1目編んで隣の目を拾う時
ベース糸の休み目を手前にするか向こう側に置いとくかは
前回が手前だったら次は向こう側です。
交互になります。

1周して引き抜き、ベース糸に変えて
立ち上がり、手前から目を編んだところです。



ベース糸の編終りは 引き抜く前に
配色の糸を手前か向こう側かを気をつけます。

間違いそうならこの写真のように立ち上がりを編んでおくのも
良いと思います。



増目をしながらこんな感じ。
エリンギいっぱい。

編んでるときは編み地が縮こまってますが
しっかりのばしてブロッキングでスチーム。
縦にも横にもしっかり伸ばして下さい。
厚みがなくなりドレープが出来ます。

根気系修行編み地。
てカテゴリが必要な気がします。



 
00:27 | - |
糸を一度も切らないプルオーバー。
色の丈も選んで楽しいニットのふだん着

「糸を1度も切らないプルオーバー」

一部誤解を招くような記号のズレがありましたので
お知らせします。

P.66の中心辺りにあるV衿の増目計算図。
くくる記号が1ミリほど下にズレております。

これが
5-1-1までが3回繰り返すように見えかねない。

という事です。

増目の編み記号図が右のページにあり、
そちらは間違っておりませんので
ご確認ください。


糸を切らないで編めるプル…
切らないけど繋ぐよねーー
ですよねー

しかし

出ましたよ!50gなんて飛び越えて
300g越コーン!!笑
(全色ではないけど)
ハマナカ商店

333g なんでゾロ目?
 
17:05 | - |
木の葉ショールの ん?
「色の丈も選んで楽しいニットのふだん着」の
木の葉ショール。
部活で編んでいて、ん?ん?
ここどんな編み方?
と質問が多かった所を アナログなイラストで
説明します。

見づらくて すみません。


この、木の葉の中央の編み図です。
表はわかると思いますが
次、裏を見て編む
左上3目1度と2目1度の方向が
ムキーーーっ!となります。

裏を見て編む時はこういう図になります。(自己流解説です)


まず表から見て左上3目1度を裏編みした場合
裏から見ても左が1番手前に来る左上3目1度になります。

素直に3目に 一気に針を入れて裏編みします。
これだけです。


次にオレンジで★○してある1番質問があった所です。

表から見て右上2目1度は 裏から見ても
右の目が上にくる 右上2目1度の裏編みになります。

1目ずつ目の方向を変えながら右の針にとって
左の針にそのまま移し返します。
そして左側の目から2目一気に針を入れ
裏編みします。(編みづらいです)



記号図、編み方は他の教本に載ってる編み方と
違うかもしれません。(出来上がりは一緒ですよ!)
ひとつでも工程をハショルのが好きなので
編みづらくてもなんのその。です。


ご参考までに。


も一回イラストをチェックしたら
なんというか…
本当にアナログだ。
23:21 | - |