ニット男子3からのマフラー。
過剰なイベント騒ぎが続く日本に ちとうんざり。
12月が1月になるだけだよね。
へそ曲がってます。


「ニット男子3」からマフラー。
「これ編む。」にしてウンヶ月。

ちゃんと仕上げましたよ。


コントラスト強めにチャコールと生成りで。

まっきまきにして後ろで結びたい。



順調に仕上げられる期間もあと少し。
時間が足りない。何事も。
 
08:11 | - |
アーガイル模様マフラーの引き抜きステッチ。
 かぎ針編みのアーガイル模様のマフラー。
最後の仕上げのくさりのようなステッチは
かぎ針で引き抜きをしています。

刺繍の「チェーンステッチ」と同じ仕上がりなのですが
毛糸針で何度も糸を切って刺繍していくより
ぐっと簡単にできます。

くさりの編み始めの作り目をつくってから、(のほうが、やりやすいです)
かぎ針を編み地(指定の位置)にぐさっと刺します

裏側で糸を針先にかけて

糸を引き出します。

編み地を挟んでくさり編みをするイメージです。
糸は常に裏側なので 最初は裏を見つつですが
慣れてくると表だけを見ながら引き抜いていけます。

目が大きくなったら糸を引き締め、目の大きさをできるだけ揃えてください。




12:30 | - |
やっと編めたミトン。
 たっくさん途中放置のブツの中でも
とかくミトンやソックスは片方で止まると
ずっと片方のままなのが 世の常であります。

ニット男子3から
かぎ針のミトン。アレンジ版
ハマナカのソノモノアルパカ<並太>使用
6/0号で レディースサイズになりました。

更に色を変えて3段 模様の続きを編んで長くしました。
良く無くすのでひももつけました。
子供か。


ミトンのほうにボタンつけて
ひもは二重くさり編み。両サイドをループにして。
逆でもいいけどね。
二重くさりの両サイドにボタンを付けて
ミトンのほうにくさりのループをつける。


やっとミトンつけて外出できる〜

しかし まだまだ片方だけのミトンがいっぱい…


13:38 | - |
ニット男子3 H*Newsboy cap 引き上げプロセス
「ニット男子3」
H*Newsboy capの 
引き上げ編みが 輪で編むから どーすれば!?

と、ご質問が多いので解説いたします。
巻末の引き上げ編み解説が往復編み用なので
説明が足りず、申し訳ないです。

ここでは輪針で説明します。

作り目を作り輪にして、2段目がかけ目の段になります。
1目めが イキナリかけ目なので 糸をかけてすべり目します。

2目めは表編み。編んだとこ。

次のかけ目をしているところ。

かけ目(すべり目)、表編み、かけ目、表編み、と交互に編みます。

2段目編めたところ。
この時、最初のかけ目が ねじれて外れていないか確認して下さい。
(4本針の場合、外れて目と目の間がのびてる事があります)

3段目。
かけ目をしている目を 裏編みします。

次は表編み。

かけ目を裏編み。

裏編み、表編み、裏編み、表編みで3段目終わった所

4段目はまたかけ目から。
偶数段がかけ目の段です。

次の表編み

このようにくり返します。

5〜6段編むとイギリスゴム編みらしくなってきます。






16:09 | - |